2018年から本格的にキャディバック製造を開始いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1967年頃から1998年頃まで豊岡でで隆盛を誇ったキャディーバックの生産ですが、当時国内で200社以上あった工場が閉鎖に追い込まれ今では、4社か5社ほどになってしまいました。

現在では、キャディバック生産の拠点が海外になり9割9分以上が海外製品です。

世の中の流れが変わり生産拠点が海外へと移り豊岡の工場も矢もなく閉鎖へと追い込まれました。

当社のゴルフバッグは、すべて職人による手作りです。

現在のゴルフバッグの胴体はポリエチレンの筒芯を入れて、強度が高く倒れにくいものへと開発されています。

半世紀の歴史をもつ職人が作るキャディバックは、昔ながらの技術を継承する数少ないゴルフバッグメーカーのものづくりです。

弊社の職人は、長きの間大手スポーツメーカーなどのOEM生産に携わり技術を磨いてきました。

以前は、プロゴルファーからの依頼もありました。

日本のゴルフバッグ職人の技を残しながら、新たな製品にチャレンジしたいと考えています。

弊社の50年を超える職人もたとえ鞄の職人であってもゴルフバックは、作れないといいます。それほど専門性が高いものづくりなんです。

当然、ミシン等の機械類も特殊なものとなっています。通称 ジャンボミシンは、キャディバックを作るメーカー以外には、持っていない特殊ミシンです。

筒状のバッグの周囲はこれでないと縫えません。

使う針も、まるで「釘」のような極太のものです。

この設備を見るだけでキャディバッグがいかに堅牢にできているのかがよくわかります。

現在、弊社では約50年前からキャディバックの製造に関わってきた熟練職人が若手職人の育成に励んでいます。

20才でこの世界に入り30年間キャディバック製造会社で勤められ、その後独立されて15年間、キャディバック製造をされていた熟練の職人です。

ワイズエンタープライズでは、キャディバックの生産と同時にこの伝統技術の継承と人材育成、及び技術者の高齢雇用を考え、当時の技術者を募集し、講師、アドバイザーとして雇用し豊岡の伝統技術の継続を目指します。

特殊技術であり前途多難でありますが労力を惜しまずがんばっていこうと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ゴルフダイジェスト8/21.28合併号で職人技の火を...
  2. ハンドバッグの日キャンペーンの詳しい内容は、協会ホームページでご確認ください。
  3. 1967年頃から1998年頃まで豊岡でで隆盛を誇ったキャディーバックの生産ですが、当...

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

Youtube Pick UP

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。